ユーホルビア・プニセラ

ユーホルビア・プニセラです。

 

ジャマイカン・ポインセチアとも呼ばれています。

高温多湿に弱いので、夏は半日陰の風通しの良い場所に置いてあげてください。直射日光も避けたほうがよいでしょう。

寒さにも弱いので冬は室内に入れてあげてください。水遣りも少なめにします。


苞が赤くなり、ポインセチアに似ている事からジャマイカン・ポインセチアと呼ばれているようです。

赤くなっているところを見てみたいですね!


あまり数が無いのでお早めに!!



園芸コンシェルジュM.K  

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    YS (日曜日, 10 1月 2016 21:15)

    同じ種を、2015年10月に外苑前のアクタスで購入しました。
    残念ながら、現在葉がほとんど落ちてしまいました。
    ただ、蕾はどんどん大きくなってます。
    室内置き、日当たりは悪くありません。水やりは月一回程度にしてます。
    どうしたらまた葉が元気になりますでしょうか?

  • #2

    園芸コンシェルジュM.K (火曜日, 19 1月 2016 14:19)

    YS 様

    コメントありがとうございます。
    葉がほとんど落ちてしまったとの事ですが、急な環境変化のせいかもしれませんね。ですが、蕾が大きくなっているなら問題無いと思いますよ。
    室内の日当たりの良い場所で温度を15度前後を保つと良いでしょう。
    水やりは少なめが良いですが、乾きすぎも良くないのでこまめに土の乾燥具合をチェックしましょう。
    ご参考程度にどうぞ。