サディスティックなチランジア カプトゥメデューサ クランプ

ギリシャ神話に登場する怪物メドゥーサの頭にたとえたのが
名前の由来とされているチランジア カプトゥメデゥーサ。
 
自分の体に根を這わせているのがおどろしく見えますが
チランジアは寄生するのではなく、他の植物と共生する着生植物なんです。
 
 
エアプランツは皆さんのイメージでは「何にもしなくても育つ植物」
と思う方も多いですよね。
 
でも本当は違うんです。
 
何もしなくても育つのは自生地で自然に育つチランジアの事を
言っているのです。
 
チランジアは猫のように自分が心地いい場所に自生しています。
 
樹木に寄りそうもの、砂漠をコロコロと移動するもの、
高地の寒い場所で暮らすものなど。。
 
それぞれの特性を知ることで育て方がまるで違うことも!!
(品種によっては育て方が難しいものもあります。)
 
日本には四季があったりと、大半が室内で育てていると思います。
 
やみくもにソーキングなどをして腐って死んでしまうことも。。
 
チランジアの気孔は夕方から夜にかけて開きます。
 
昼間に一生懸命水を与えても、体の中には取り込めません。
(湿度を保つには必要だったりも。)
 
夕方から霧吹きを全体にたっぷりかけてあげるのも良いでしょう。
 
風通しが良い場所という条件はチランジアに限らずです。
 
植物は人間と同じ生き物。ほったらかしでいいなんてことはありません。
 
これからは、「共存している。。」なんて時々思ってみてはいかがですか?
 
チランジア カプトゥメデューサ クランプ
 
ブロメリア科 チランジア属
 
学名:tillandsia caput-medusae
 
 
中米

 

 

園芸コンシェルジュS.K

村田永楽園の紹介

村田商事の紹介