ホクシアマジック

 

 

 

これから正月明けまで次々と驚きの開花!   ホクシア8種類入荷しました。


ホクシアのあの何とも言えないゆらゆらとイアリングのような、ランプのような花の咲き方、イイですよね。

そして、実は秋から初冬にかけての時期が、ホクシアの花の一番美しい季節なんです。

花物が限られてくるこの時期に、
「ちょっといいもの見つけた!」
と、感じていただけること間違いなし。

この時期に、そのホクシアの花をみごとに咲かせるコツをお教え致します。


キーワードは *長日植物*

ホクシアはおよそ12時間以上暗い状態の中にあると花芽が上がりません。
日が長い時期にしか花を咲かせない植物なんですね。
でも、秋から初冬にかけての日差しの短さ以外の気候は、

ホクシアは大好きなんです。

冷涼で湿気が少ない気候がです。

そこでこの時期、ホクシアの花を美しく、しかも長く楽しんでいただくための、お奨めマジックのご紹介。。。

まず、

1.ホクシアを鉢に植える。
2.化成肥料などを施肥する。
3.土の表面が乾いたら水をやる。

まあ、ここまではごくごく当たり前
さて、ここからがマジックの出番ですよ。

4。この時期、日が暮れるのがとても早いので12時間以上の

太陽の明るさはとても無理です。


  そこで、

皆さんは夕方から、または帰宅してから眠りにつくまでの時間、部屋の明かりをつけてますよね。
  その明かりを利用して、ガラス越しの窓の外に ホクシアを置いてあげてください。レースのカーテン越しくらいの明るさでもOKです。
 (元気に育てたいのであれば置き場所は室内より風通しの良い外ですよ。)

霜さえ当てなければ、本当に長い間、昼も夜も外の窓越しに

ホクシアの花・花・花
真冬に葉を落とし、来春には枝葉が驚くほど成長して立派な株と共に、

よりたくさんの見事な花を咲かせますよ。

是非一度、お試しあれ!

 

 

園芸コンシェルジュH.Y

村田永楽園㈱

㈲村田商事