永楽園メールマガジン利用規約

村田永楽園株式会社が発行するメールマガジン(以下、「村田永楽園メールマガジン」といいます)の利用をお申し込みになる前に、以下の利用規約をお読みいただき、これらに同意された場合のみご利用ください。

 

1.村田永楽園メールマガジンとは

村田永楽園メールマガジンは、村田永楽園株式会社(以下「村田永楽園」といいます。)が発行する電子メールマガジンです。

村田永楽園の指定する所定の方法により利用を申し込んだお客様の電子メールアドレスに対し、無料で配信されます。

 

2.利用規約について

この規約は村田永楽園メールマガジンの利用に関して規定しています。

この規約は必要に応じて更新されます。

最新の規約は村田永楽園ホームページ上に掲載していますので、お客様は随時最新の規約をご確認ください。

 

3.利用申し込み

利用希望者は、村田永楽園の指定する所定の方法により、村田永楽園メールマガジンの利用を申し込むことができます。

村田永楽園メールマガジンの利用に必要なコンピュータ、通信機器、その他の機器類については、お客様自らの費用と責任において準備するものとします。

当該機器と村田永楽園の機器との間で不整合による接続不良が発生したとしても、村田永楽園は接続履行の義務を負わないものとします。

お客様は、申し込み時に登録した内容に変更が生じた場合は、所定の方法により、すみやかに変更の手続きを行うものとします。

お客様は、村田永楽園に対し、自由に村田永楽園メールマガジンの利用の停止を申請することができます。

 

4. 申し込みの承諾

前項の申し込み後、村田永楽園の承諾をもって、お客様登録の手続が完了するものとします。

なお、村田永楽園は、お客様が次の各号のいずれかに該当することが判明した場合は、当該申し込みを承諾しないことがあります。

[1] 実在しない場合。

[2] 反社会的勢力と判明した場合。

 『反社会的勢力』とは、暴力団、国際犯罪組織、国際テロリスト、社会運動標榜ゴロ等、その他次の各号に掲げる者をいいます。

 ア. 村田永楽園が提供するサービスを不正に利用し、又は不正な目的をもって利用する者

 イ. 村田永楽園が提供するサービスの利用を通じて、社会的妥当性を欠く不当な要求をする者

 ウ. その他、社会的妥当性を欠く不当な要求をする者

 

5. 著作権について

村田永楽園メールマガジンの著作権は、村田永楽園に帰属しています。

村田永楽園メールマガジンの内容は、著作権法によって保護されており、内容の一部または全部を無断で転載・複製・改変・放送・頒布・出版することはできません。

 

6. 配信の停止

村田永楽園メールマガジンは、村田永楽園の都合により、配信を停止または終了することがあります。

村田永楽園は、村田永楽園メールマガジンの配信の停止または終了に関するいかなる責任も負いません。

村田永楽園は、サーバーやソフトウェアの保守・管理、天災・災害・労働争議など合理的な理由により、村田永楽園メールマガジンの配信を一時的に停止できるものとします。

お客様がこの規約に違反した場合には、村田永楽園は当該お客様に対する配信を予告なく停止できるものとします。

お客様が村田永楽園メールマガジンの申し込み時又は登録の変更時に虚偽の内容を登録した場合若しくは本規約4項各号のいずれかに該当することが判明した場合には、村田永楽園は当該お客様に対する配信を予告なく停止できるものとします。

お客様が指定した配信メールアドレスへの配信が、複数回にわたり未着エラーになる場合は、村田永楽園は当該お客様の登録情報を削除できるものとします。

 

7. 免責事項

村田永楽園メールマガジンの内容によって生じたすべての影響について、村田永楽園は責任を負うものではありません。

村田永楽園は、村田永楽園メールマガジンにより配信される情報に関して、その完全性、正確性その他いかなる保証も行うものではありません。

村田永楽園メールマガジンの配信の遅延・未着および、それによって生じたすべての影響について、村田永楽園は責任を負うものではありません。

お客様が村田永楽園メールマガジンの申し込み時に虚偽の内容を登録し、第三者に対して損害を与えた場合も、村田永楽園は責任を負うものではありません。

 

8. 個人情報の取り扱い

お客様の個人情報については、お客様ご本人、ご本人が委任された代理人、または、ご本人の法定代理人から請求があった場合を除き、下記以外には使用致しません。

<使用目的>

お客様からのお問い合わせに対する当社からのご連絡の為。

アフターサービスにおいてのご説明、改訂等のご対応を行う為。

お客様から依頼された情報をお客様へ発信する為。

サービス向上の為の分析データ作成及び分析の為。

個人を特定し得ない集計データとして公表する為。

 

9. その他

村田永楽園メールマガジンの配信先に携帯電話等のメールアドレスを指定した場合は、文字数制限等により配信が完全に行われない場合があります。

 

(付則)

この規約は、2013年9月7日から発効します。